[[Documentation]]
//[[Documentation]]

* UNYO-UNYO
実行時に--guiオプションを付けることで、LMNtalプログラムを可視化することができる。
Two visualizers for hierarchical graph rewriting are available;
[[UNYO-UNYO 2G]] and the latest
[[UNYO-UNYO 3G:http://www.ueda.info.waseda.ac.jp/~wakako/wiki/index.php?UNYO-UNYO]] (currently in Japanese).~
Click them for details.~

** 実行時のスクリーンショット
*** c60を四つ生成した様子
&ref(unyounyo061206.png);
//English version of the UNYO-UNYO 3G info will be available below shortly.
The basic information of UNYO-UNYO 3G is given below.
*UNYO-UNYO 3G
#contents
**Basic Operations [#j8daaada]
***''Step 1'': Start - Select a program [#lf57db2c]

起動後、Go aheadを連打し、Heatuoを一回行った結果。手動でのほぐし作業は全く行っていません。膜は見やすい位置に移動しました。
''Using UNYO-UNYO alone''
+Start up UNYO-UNYO (see [[UNYO-UNYO]]).
+Choose '''"File > Open File"''' in the top menu bar.
+Select LMNtal execution options.
+Select a program which you want to open.

*** 26本の多重リンクをした様子
&ref(unyounyo061209.png);
''Using UNYO-UNYO from [[LaViT>http://www.ueda.info.waseda.ac.jp/lmntal/lavit/index.php?Download]]''
+Start up LaViT.
+Choose '''"File > Open File"''' in the top menu bar or Write a program using the editor in the upper-left pane of the screen.
+Select LMNtal execution options from the option tab, if you need.
+Click the '''"UNYO(3G)"''' button in the bottom left of the screen, and UNYO-UNYO will start up.

*** 52本の自己リンクをした様子
&ref(unyounyo061210.png);
***''Step 2'': Show the graph of the program [#z6afe9c1]
+After ''Step 1'', the initial state of the graph is displayed.
+Click the '''"Go Ahead"''' button at the bottom of the center panel, then a program will proceed.
--In the text box at the left, you can specify the number of rule applicable times.(default number is 1)
--If you select the '''"Until Stop"''' checkbox, the program proceed until it terminate, or you click the "Stop" button, or it break at the breakpoint.

** 操作説明
*** メインパネル(一番大きいパネル)
主にアトムや膜が描画されます
- Ctrlを押しながら膜をクリックすると表示、非表示を切替えられる
- ダブルクリックでノード(アトムや膜)の固定、開放を切替えらる
-- 固定されたものは、力学モデル計算による移動を一切行わない
-- 固定されたノードでも、周囲への力学的影響は与える
-- アトムをダブルクリックでアトムの固定
-- 非表示の膜をダブルクリックで膜の固定
--- 膜の中のノードも固定されるため、表示設定にしたときには中のノードも固定されている
-- 表示の膜をダブルクリックで膜に含まれるノードを全て固定
- ドラッグでノードの移動が行える
-- ドラッグ中のノードは力学的影響を受けない
- なにもない部分をドラッグすると全体を移動する
*** ログパネル(下部のパネル)
実行中の状態をテキストベースで表示。ただし、世界膜も表示されてしまうので注意。
**Function List [#jb6fc82e]
&ref(unyo_ss.jpg);
***1: Menu Bar [#z9cd180e]
''File:''~
:''Open File(Ctrl+O):''| open a program file.
:''Save Graph Image(Ctrl+I):''|
:''Restart(F11):''|

*** コントロールパネル(右のパネル)
- Go aheadで反応を進める
-- 左のテキストボックスに一度の実行で進めたい反応数を指定できる(デフォルトでは1ステップ)
- Show Allで全ての膜を表示設定にする
- Hide Allで全ての膜を非表示設定にする
- Heatupで所属膜の中心から反発する力を受ける
-- 世界膜からも影響を受けるため、膜に所属していないノードも影響を受ける
-- 実行中は残り実行時間を左上に表示する
-- 実行するたびに実行時間が100ずつ加算される。
--- 100は100ステップの意味
-- 実行中もAttraction(引力)以外の力学的影響を受ける
--- より発散させたい場合は他の力学モデルの計算を切った方が良い
--- バネモデルの力は発散中に限りランダムになる。
--- ノード間斥力ははっ発散中に限り大幅に増大する。
- Stop Heatingで発散処理を打ち切る
- Take Historyでプログラムの反応履歴を保存できる。保存された反応履歴は下部ウィンドウのスライドバーで表示可能
- Show Link Numberにチェックが入っていると、リンクの引数番号が表示される
- Show Full Nameにチェックが入っていると、アトム名が全て表示される。チェックが外されている場合は、アトム名の頭文字がアトムの内側に表示される。
- Show Rulesにチェックがはいっていると、ルールが表示される。
- Calc Angleにチェックが入っていると角解像度(最小の角度)を大きくする力を加える
- Calc Springにチェックが入っているとバネモデルの力をリンクに持たせる
- Calc Replusiveにチェックが入っていると、各ノードが重ならないように力を加える
- Calc Attractionにチェックが入っていると、所属膜の中心と弱いバネで結び引力を加わえる
- スライダーで拡大縮小を行う
''Edit:'' now being developed...

''Zoom(Scroll wheel, Ctrl++(;), Ctrl+-):'' change the scale of the graph.

''View:''
:''Show Map(Ctrl+M):''|show the whole graph.
:''Antialiasing:''|
:''Monochrome Display:''|
:''Show Full Name:''|show full name of atoms or membranes.
:''Show Initials:''|show initials of atoms or membranes.
:''Hide Name:''|hide name of atoms or membranes.
:''Show Reaction Point:''|show reaction points of the graph.
:''Show Link Number:''|
:''Info Font Size:''|

***2: Graph Controller [#naa78501]
:''Until Stop:''|make the program proceed until it terminate, or is suspended by '''"Stop"''' button, or break at a breakpoint.
:''Go Ahead:''|perform one-step reduction by default. For multi-step reductions, change the number in the text box to the left.
:''Stop:''|suspend the running program.
:''Hide All:''|hide the contents of all cells.
:''Show All:''|show the contents of all cells.
:''Always Heating Up:''|always calculate the graph layout.
:''Heating Up:''|activate the stable state nodes temporarily, and restart calculating those layout.
:''Cool Down:''|inactivate nodes, and terminate calculating layout.
:''Auto Centering:''|move the whole graph in the center of the Graph Panel.

***3: Tab Panel [#p6fe0100]
:''Log:''|show the system log.
:''Process:''|show the text representation of the graph and the applied rule. 
:''Rule:''|show the rules in the membrane you click.
:''Option:''|change the graph layout algorithm.
:''Shape:''|change the shapes of atoms.
:''Breakpoint:''|set breakpoints.
:''Search:''|search nodes in the Graph Panel.

***4: Graph Panel [#q1f93242]
:''Drag:''|move the selected nodes.
:''Click:''|select a node, if it is at the point.~
:''Ctrl+Click:''|select/unselect the nodes.~
:''Ctrl+A:''|select all of the nodes.~
:''Shift+Drag:''|select/unselect the nodes in the framed rectangle by dragging.~
:''Space+Drag:''|move the graph.~
:''Double-Click:''|hide/show the contents of the double-clicked cell.
:''Right-Click:''|
::''Hold:''|pin down the selected nodes.(Pinned-down entities can be moved manually but will not move automatically)~
::''Release:''|release the pinned-down nodes.~
::''Ravel Out:''|exert repulsive force from the center of the connected component which contains selected nodes.~


Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes